レッドビーシュリンプ水槽の立ち上げ

ビーシュリンプ水槽立ち上げ

当初はメインの60cm水槽でレッドチェリーシュリンプをメインにしようと考えて立ち上げたのですが、お魚がメインの状態になってきた為、繁殖に重点を置かなくなりました。
でも、エビの繁殖にも挑戦したい!
という事で、新たに30cmキューブ水槽にて、レッドチェリーより高価で難易度が高そうな、ビーシュリンプの繁殖に挑戦してみようと思います。

使用機材

セッティング

今回、底面フィルターと外掛け式フィルターのダブルろ過構造での立ち上げとなります。
今回初の方法ですが、底面に生息するエビの為の効率的なろ過方法だと思った為、この方法を採用しました。

まず、30cmキューブ水槽の最低面に底面フィルターをセット。写真撮り忘れましたが、簡単にセットできますし、1000円程度で購入できるフィルターなので、とってもお得です。

底面フィルターを覆うようにリング状のろ材をセット。
リングろ材
シュリンプブリーダーの方は、この工程をせず、直接ソイルを敷いている方が多いように思いますが、底面フィルターは、上部の水を底の吸水口から吸う構造になっているので、最下層部には水が流れる層があった方が目詰まりがしずらく、バクテリアも定着しやすいと考えました。

リングろ材を敷き終えたら、ソイルが入り込まないように、園芸用の鉢底ネットを被せます。
厚さ2Cmリングろ材
リングろ材は2cmほどの厚さにしました。

https://amzn.to/2LVVZKi

玄人の方ほど、ADA社のアマゾニアソイルをおすすめしているので、今回初のアマゾニアを使用しますが、アマゾニアのみだと、栄養素が多すぎるので、リングろ材の上にプラチナソイルを3cmほど敷き詰めました。
プラチナソイル
プラチナソイルの方がアマゾニアより粒が少し大きいので、ろ過の構造としてはOKな気がします。

本当は、ブリーダーズソイルtypeBを使用したかったのですが、ネットで買い忘れ、ショップにも売ってなかったので、家に余っていたプラチナソイルで我慢します。

プラチナソイルを敷き終えたら、隠れる程度にアマゾニアを上からふりかけていきます。
ADA社アマゾニア
アマゾニアは製造月によって、栄養素の割合が高すぎたりするらしく、水槽内が栄養多価になり気味との情報が多いですが、繁殖しやすいとの情報も同等存在する取扱が難しそうなソイルです。

おそらく、立ち上げ初期段階での空回しをしっかり行えば大丈夫では無いかと考えています。

ここでまで来て大失敗に気が付きました!!
ADA社バクター100
せっかくショップで買ってきたバクター100を入れ忘れ。。。
本当なら、底面フィルターの下と、ソイルの間2層にふりかける予定が。。
しょうがないので、ソイルの上にばらまいてやりました。

このあと、注水。
注水時の水の半分は、メイン水槽から持ってきました。すでに立ち上がっている水槽の水を入れる事で、バクテリアも移植され、立ち上がりが早くなると思います。
外掛けフィルターをセットし、両方のろ過装置を作動。一時間後の水槽内の様子です。
ビーシュリンプ水槽立ち上げ

最初は、ソイルの養分と、上にばらまいたバクター100によって濁りがあります。
まぁ、数日すれば、ピカッピカの水になってくれる事でしょう。

今後水槽内で行われる事

      現在、バクテリアごと水を移植したので、エアレーションと養分によってバクテリアの活性が上がっていき、水がキレイになる
      1,バクテリアのフンなどによりアンモニア濃度が上昇
      2,アンモニアを分解する為のバクテリアが発生
      3,そのバクテリアから亜硝酸が出てくる
      4,亜硝酸が検出されなくなる
      5,生体投入OK

のようなメカニズムが2週間から30日程度で行われると思います。
この間、換水はせず、足し水だけで行った方が、様々なバクテリアの発生に有効みたいなので、1ヶ月程度は、数値計測と足し水だけで観察をしてみます。

立ち上げから2週間経過