初心者アクアリウムがスタートした。

水草水槽 45cm

子供の頃、熱帯魚を買っていた事もあり、PHや温度、アンモニアに関する予備知識は何となくあり、近所のビバホームの熱帯魚屋さんの前を通る時は、「大人になって、遊べるお金も出来た事だし、また熱帯魚でもやりたいな」なんて考えた事もあります。
ただ、自分の正確上、やれば絶対にハマってしまい、お金のかかる趣味がまた増えてしまう危険があります。

現在は、キャンプ、一眼レフカメラ、スノーボード、バイクなど、複数の趣味を持っていて、週末はその日の気分で何らかの趣味を楽しんでいます。
これに加え熱帯魚ともなると、週末の水換えは必須。場合によっては時間的に他の趣味の時間を削る事にもなりかねません。

そんな事もあり、熱帯魚屋さんを通り過ぎる時には、子どもたちに自戒の念を込めて
「お魚は綺麗だけど、育てるのが大変だから駄目だよ」
と言って聞かせていました。

そんな時です。
季節はずれの夏祭りに出かけた娘達は、金魚を持って帰って来ました。
自分が一緒に言っていれば、金魚すくいなど絶対にやらせません。すくう事ができなくても数匹もらってしまうので、一回の思い出が後々面倒な事になるのが目に見えているからです(T_T)

金魚を持って帰ってきたという事は、金魚用の水槽を買う必要があります。
100均に行き、プラスチック製の容器と、ぶくぶくを購入し、飼いはじめる事となります。

1週間後、水換えこそしていましたが、気温が下がる季節だった事もあってか、金魚達は全滅。
子供も悲しそうな顔をしています。

普通なら、ここで、「お魚を飼うのは大変だから、きちんと世話ができるようになってからね!」
となるのでしょうが、自分の管理の仕方が悪く死なせてしまった事や「金魚は飼いやすいから、水換えしとけば、大丈夫」と思い込んでしまった事が悔しくなりました。

次の週末。近所のホームセンターへと足を運び、45cm水槽のセットを購入。
子供の頃の記憶に頼るのでは無く、初心者として、熱帯魚の飼育を開始する事になりました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です