さび病

さび病

さび病の画像

さび病とは、葉に白い斑点がでて、白い斑点が褐色の小斑点となって表皮がはがれて粉末が飛び散る症状をいいます。

発生が激しい場合、葉の全体がさび状の粉で覆われ、葉が枯死してしまいます。
さび菌という菌の寄生によって植物の総称で、さまざまな症状を植物にもたらします。

さび病になる原因

さび菌はカビの仲間で、規制する植物によって種が異なるので、菌にあわせてそれぞれ諸地方があります。
このさび病の有効な防除方法は、バランスのよい肥料で野菜を丈夫に育てることが大切になってきます。
風通しをよくして、過湿にならないよう環境を整えることも大切です。
多年草のアスパラガスでは、被害茎にさび病の菌がついたまま冬を越すので、秋には茎葉を切って焼却して、発生源を消滅させて、発病を防ぐなどの対策が採用されています。

予防するためには有効な薬剤を使用することも解決方法につながります。

さび病に有効な薬剤と対策

さび病に有効な薬剤は、水溶剤や水和剤、乳剤などさまざまな剤型の薬剤があります。
水溶剤の薬剤は、環境にやさしく、うどんこ病治療薬として知られています。

水和剤の薬剤は草花や果樹の病気に効果的で、乳剤の薬剤は、黒星病気やうどんこ病、さび病に効果的といわれています。

ほかにもエアゾール剤、スプレー剤、フロアブル剤などもあり、野菜の症状によって使い分けることが大切になってきます。
害虫や病気どちらにも効果がみられるエアゾール剤は特に人気で、人への害も少ないエアスプレー方式のものもあります。