大根

大根

8月の下旬から9月にかけて、種まきの時期を迎える大根。
栽培期間が2ヶ月程度と短く、家庭菜園初心者の方にも栽培が比較的簡単な野菜の一つです。
大根の葉は、虫の大好物でもあるので、寒冷紗(かんれいしゃ)などを用いての栽培を行うのがコツ。

また、地中に伸びる根の部分は固い土や石などがあると曲がってしまう為、土壌作りでは石などを出来るだけ取り除くようにしておきたいです。

また、ダイコンはプランター栽培にも適しています。
深さ60cm以上のプランターを用意すれば、ベランダ菜園も楽しめます。

9月から種まきが可能ですが、暑さに弱いダイコンは気温30度以上だと生理障害が発生しやすくなります。
9月でも気温が高い日が続くようであれば、蒔き時期を少しずらすか、遮光などを行って下さい。

土作り

種まきの2週間前までに、1㎡あたり、化成肥料200g、苦土石灰80gをよく土と混ぜます。
苦土石灰をまきすぎると、土壌がアルカリ性になってしまい、生理障害を起こしやすいので注意して下さい。
地中60cm程度(深め)にしっかりと耕すのがまっすぐなダイコンを栽培するポイントです。
畑に石などがあったら丁寧に取り除いておきましょう。

種まき

株間30cm間隔で、種まきを行います。
一カ所に3~4粒程度の種を蒔いていきます。

種まき後は、種が鳥に食べられないよう、また成長後葉が虫に食べられないよう寒冷紗を覆い被せておくのが良いでしょう。

発芽後は、成長の具合の良いものを残し、順次間引きを行っていきます。
間引きは、葉を抜くのでは無く、ハサミで茎をカットして下さい。
根ごと抜いてしまうと、残す苗に悪影響が出やすくなります。

間引いたダイコンの葉はおみそ汁やお浸しにして食べる事が出来ますので、捨てずに調理しましょうね^^

追肥・収穫

大根
追肥は本葉が6枚になった頃1度行います。
肥料が直接、葉や根にふれない場所にひとつまみの化成肥料を与えて下さい。
あまり肥料を多く与えてしまうと、収穫後の保存がしにくくなります。


大根(特に青首大根)は、成長に伴って土から大根が出てきます。
土から出ている部分は青くなりますので、適度に土寄せ(土をかぶせる)を行ってあげます。
青首大根

ワンポイントアドバイス

干し大根
収穫期は秋まきなら10月の下旬頃から行えます。
たくさん出来てしまった大根は放っておくとどんどん成長を続け、最終的には、中身がスカスカの状態(ス入り状態)になってしまいます。
せっかくですから、料理の時に畑から収穫したいですよね。
そんな場合は、成長しきった大根の葉を全てカット(葉切り)してしまいます。
葉が無くなれば成長が止まりますので、収穫までの時間を少し伸ばす事が出来ます。