メロン

メロン

野菜のうち、最も高温性で、適温は昼間28度~30度、夜間18度~20度です。
15度以下では生育が困難な為、夏に最適な野菜と言えます。
日当たりが良い場所に植えつける事で、比較的簡単に初心者でも栽培する事が出来ます。
メロンの育て方
メロンはうどんこ病が大敵な為、プリンスPF6号アリスなどが抵抗性があるのでオススメです。

連作障害がある為、1度植えた場所には4年程度植えつけを行う事が出来ません。

土造り

苗を植える2週間前に1㎡当たり苦土石灰150gと堆肥3kgを入れて、よく耕します、1週間前に有機配合肥料150gを入れて畝幅50cmの畝を作ります。
畝を2列以上作る場合は、畝と畝の中心を200cm程度あける様にして下さい。

植えつけ・摘心

畝全体にマルチを行い、地温を上昇させます。
植えつけ幅は75cm間隔とやや広めにとるのがポイント。
植え付け後はたっぷりと水やりを行って下さい。

植え付けから3,40日経過し、親ずるに本葉が5~6枚になったら摘心し、子づるの成長を促します。
子づるは、本葉10~12枚で摘心を行い、孫づる(着果枝)の発生を促します。

追肥・敷きわら

メロンの収穫
1番果が卵くらいの大きさに肥大したら、畝の横に1回目の追肥を行います。
追肥は、1株あたり化成肥料大さじ2杯・油かす大さじ4杯程度です。
2回目の追肥は、1回目から20日後に1回目と同量を行います。

株の横には、果実を直接土につかない様に、敷きわらを行っておくと、病気の防止にもつながります。

一株当たり5~6個に収穫量を絞ります。さらに肥大させ品質を良くしたい場合には、1株2~3個に限定する必要があります。

収穫

花が咲き30~50日で収穫が可能になります。
収穫してから、数日は常温で日光の当たらない場所で保管しておくと甘さが増します。
食べる前には冷蔵庫で冷やしてから。