そら豆

そら豆

我が家の子供が大好きなソラ豆を庭に植えました。比較的初心者でも簡単に育てる事の出来るそら豆は、家庭菜園を始めるきっかけには向いていると思います。
収穫した後、ビールのおつまみにもオススメですよ♪
そら豆は、苗を植え付けるか、種から育てる方法がありますが、我が家の場合は、苗をホームセンターで3月に購入してきました。大体100円程度で買えると思います。
主枝(しゅし)がカットされている物が売られていると思います。種から育てる場合は、歯が5枚程度になったら、主枝(しゅし)をカットしてあげます。そうすると側枝(そくし)が伸びて実が多くつきます。
そら豆の育て方

土壌の下準備

そら豆は、やや水はけの良い土壌を好みますので、水はけの良すぎる土だと、あまり育たない事があるそうです。
また、連作を行うと上手く育たない事がありますので、同じ場所で収穫を行う場合は、3年程度、土を休ませた方が良いです。
種or苗を植える2週間前に苦土石灰と堆肥を土に混ぜておきます。種は10日前後で発芽しますが、植えた場所から芽が出ない時は、新しい種を植えてください。
思ったより大きくなりますので、株間は30~40cm話して植えます。

追肥

花芽が出てきたら、側枝の6~8本以外を根本から摘み取ります。摘み取った後には化成肥料を株もとに与えてください。
また、成長してくると倒れやすくなりますので、側枝の根本あたりまで土を盛っておきましょう。
側枝に花が10個程度咲いたら枝の先をカットしておきましょう。花が増えすぎると実1つ1つが小さくなってしまいます。

アブラムシ対策と支柱

そら豆にはよくアブラムシが付くようです。しっかりと観察をしてください。
発見した場合には、トウガラシエキスや木酢液が効果的のようですので、様子をみながら散布します。我が家の場合も子供が食べますので、農薬の使用は行いません。
成長して、背丈が40~50cmくらいになったら、支柱を立てて軽く固定をしてあげます。強風などにより倒れないようにささえてあげましょう。

収穫と保存

上向きの実が垂れ下がって、下を向いたら収穫のサイン。
収穫後は鮮度が落ちますので、サヤから出し茹でましょう。茹でた後は冷凍にしておけば保存がききますね。
収穫後1時間程度で鮮度が落ちていくみたいです。