芝生の元気が無い

我が家に芝生を張ってから約4年が経過しようとしています。
管理の方法はしっかりしているつもりですが、所々薄い箇所が出てきて、成長速度も遅くなりました。
また、以前の様な青々とした芝生にはほど遠く、所々薄い緑の芝も目立ちます。

ネットや書籍などで色々と調べて見ると、
微量要素(マンガン・ほう素・鉄・亜鉛・銅・モリブデン・塩素・ニッケル)も健康な芝生を保つ為には必要である事が分かりました。
通常、「窒素・リン酸・カリウム(N・P・K)」の多量要素を肥料として与えておけば問題ありませんが、多量要素の化成肥料のみを与え続けていると、土壌中の微量要素が減少してしまい、正常な成長をする事が出来なくなってしまいます。

以前芝生のでこぼこを直すで、新しい肥料を散布しましたが、効果はあまりありませんでした。
この箇所は、新しい芝を張っても同じような現象に悩んでいた場所ですので、土壌の微量要素低下による生理障害が出ていると考えても良さそうです。

2階から
特に最近、元気が無い芝部分の、土が固い気がします。私は、趣味でゴルフをするのですが、ゴルフ場の芝は、フワフワと歩け足に負担がかからないのに対して、我が家の芝(特に元気の無い部分ほど)固く引き締まった土を感じます。
これもネット上では、微量要素が不足してきた時には土が固くなるとの情報がありましたので、微量要素不足である線がますます強まりました。

そこで、今年は次の肥料を散布し様子を見てみる事にしました。
今回購入したのは、「アルギンゴールドエキス(100g)」です。
アルギンゴールドエキス

4000倍~7000倍に薄めて使う肥料なので、100g×4000=400リットルの散布が可能。
一般的に効果な海草系肥料ですが、値段も1000円と安めでした。(大体、8リットルのジョウロに1g程度の粉末を入れる感覚です。)粉末タイプで水によく溶けますが、空気中の水分を吸ってしまいやすので、開封後は半年以内の使用が推奨されていました。
この商品と同時に「ボタニクス(50ml)」も購入したつもりでしたが、決済が出来ておらず、なぜか「アルギンゴールドエキス(100g)」が2つ届きました。
おそらく、2クリックしてしまったのだと思います^^;

という事で今回は「アルギンゴールドエキス(100g)」のみを散布し様子見となります。