6月の芝生手入れ

6月は雨季で湿度が高くなりますので、芝刈りを怠ると、病気の発生率が高まります。
休みの日が晴れていれば、1週間に1度の刈り込みを行いましょう。
また、この時期は雨により生育が旺盛になる時期でもあります。
固形の肥料を散布し、夏の暑さにも耐えられる芝生にしていく事が大切です。

6月に注意する病気と育て方のポイント

ブラウンパッチが発生しやすい。
さび病