5月の芝生の手入れ

5月頃から、芝の新芽が一斉に芽吹きだします。
成長速度が増しますので、一般的には5月から芝刈りを開始する時期になります。

4月肥料散布エアレーション目土入れを行なっていない場合は、5月に全部実施していまいましょう。
エアレーションを行う事で、古い根を切り、新しい根の成長を促進させる効果があります。密度の高い芝生を維持する為には2ヶ月に一度は必要な作業となってきます。

4月頃から雑草が出てきています。雑草に養分が取られてしまわぬよう、小さいうちに除去しておきます。
6月の雨季に入ると、芝生が病気にかかりやすくなってきます。私の場合は、毎月、肥料散布と一緒に、木作酢も散布しています。芝生を育てて5年目になりますが、いままで大きな病気にかかった事はありません。これはきっと、木作酢のお陰だと思います(多分・・・)

この時期に芝刈りを怠ると、伸びてしまった芝を戻すのに一度では刈れない為、何度かに分けてジョジョに刈りこんでいく必要がありますが、とても芝・人間共に体力を消耗しやすくなりますので、出来るだけこまめな刈り込みをおすすめします。

5月に芝生がかかりやすい病気

  • さび病