マルチングで無農薬野菜を作ろう

マルチング

 マルチングとは、マルチと呼ばれるビニールシートを畝に覆い被せ、雨による土の跳ね返りを防いだり、地温を上昇させたり、上昇を防ぐなどの効果があります。
マルチを使う事で、農薬などを使用せずに無農薬野菜を育てる事が比較的簡単に出来るようになりますので、初心者の方も是非利用しましょう。

土作りインデックス

  1. 土作り
  2. 古土の利用法
  3. 土壌の酸性度を調整する(苦土石灰)
  4. 畝の作り方
  5. マルチングで無農薬野菜を作ろう【このページ】

マルチの種類と特徴

 一言でマルチと言っても大きく分けて3種類のマルチがあります。
育てる野菜や状況によって上手に使い分けて下さい。3種類に共通するマルチングの利点は、水分の蒸発を防ぎ、逆に雨などの影響を受けにくい点、また、雨による土の跳ね返りを防止する為、病気にかかる確率が下がります。

黒マルチ

 黒マルチは、光を通しにくいので、雑草などを生やしにくくする効果があります。
長期的に栽培する野菜や、夏場の地温上昇を防ぎたい時に利用します。
Amazonで価格チェック

シルバーマルチ

 シルバーマルチは、光を反射する効果により、アブラムシなどがつきにくくなります。アブラナ科の大根やチンゲンサイなどを育てる時に利用する事が多いです。

透明マルチ

 光を一番通す透明なマルチは、地温の上昇効果があります。糖度の高いスイカや瓜を育てるのにはお勧めです。

マルチの使い方

マルチは畝を覆うようにしっかりとかぶせ、ピンと張る事がポイントです。畝の周りに余っているマルチは、土をかぶせるか、レンガなどで押さえます。(マルチ専用の杭なども販売されています。)
マルチには穴が空いたタイプと、空いていないものがありますが、私の場合は空いていないものを使用しています。
穴の空いていないマルチを使う場合、苗を植える前に、穴を空けます(植える直前の方が、雑草の種などが入らないので良いです)。専用の道具も販売されていますが、2坪程度なら、バーナーで穴を空けたり、空き缶の底を切り取り、マルチへ押しつける事で簡単に穴を空ける事が出来ます。

野菜や季節など用途に合わせたマルチの活用で管理も簡単に。

土作りインデックス

  1. 土作り
  2. 古土の利用法
  3. 土壌の酸性度を調整する(苦土石灰)
  4. 畝の作り方
  5. マルチングで無農薬野菜を作ろう【このページ】