30cmキューブ水槽2の立ち上げ(レッドビーサンド)

立ち上げから2週間

1本目のレッドビーシュリンプ水槽にようやく生体が入りましたが、季節は夏。
生体にとっては厳しい季節です。
しかし、バクテリアにとっては水温が上昇するこの季節は、水槽の立ち上げにはもってこいです。

一般的に立ち上げには1ヶ月から3ヶ月ほどかかると言われていますが、それはバクテリアが定着し、生物濾過のサイクルが安定するまでにこの程度の期間が必要な為です。
現在、レッドビー水槽は1本で、一応調子よく立ち上がっているといえる状態であると言えますが、今後ソイルブレイクや調子を崩す事も想定して、もう一本水槽を立ち上げておくことにしました。

基本的には一本目の30cmキューブと同じ様な構成にはなりますが、今回は外掛けフィルターをスポンジフィルターに変更し、ソイルも変えてみました。

使用する底床材

最下層部 バイオリング

バイオリング
1本目の立ち上げ同様にバイオリングを最下部に配置しました。
底面フィルターが目詰まりしないようにする事と、バクテリアを定着させる事を目的としています。

バイオリングを敷いたら、鉢底ネットを敷きます。ソイルがバイオリング層に入らないようにするためですが、しくじりました。
今回、下層ソイルとして、ミニマブリーダーシラクラ RED BEE SANDを使用しますが、吸着系ソイルなのに粒が小さいくて、鉢底ネットを貫通していきます。。

急遽、残っていたカスタムソイルで、貫通しないように薄敷きにしました。
カスタムソイル
その上から、今回メインで使いたかった「レッドビーサンド」を4cmほどの厚さで敷き、最後にアマゾニアノーマルを0.5cmほどの薄敷き。

各階層にはADAのバクター100を少し多めにふりかけて置きました。

レッドビーサンド

吸着系ソイルとして、ミニマブリーダーシラクラさんより発売されているソイルです。
販売元のブログによると、爆殖を求めたソイルでは無く、誰にでも簡単にビーシュリンプ飼育ができるソイルとの事。
立ち上げに時間がかかるソイルですが、このソイルは、水張りから3時間後には生体が投入できるとの事でした。
http://shirakura.shop-pro.jp/?mode=f6

しかし、今回は、レッドビーサンドのみでは無く、アマゾニアとのブレンドにしている為、最低でも立ち上げに1ヶ月程度の期間を考えています。

ちょうど、60cmメイン水槽の水流が弱くなってきたので、スポンジフィルターを新しいものに交換を行いました。
スポンジはまぁまぁ汚れていましたので、ちょうどよかったと、スポンジごと、新規水槽に絞って突っ込んでみました。
30分ほどは、ドロ煙のような状態になってましたが、2時間ほど立つと、新規水槽とは思えないほどのピカピカさ。
早速バクテリアが働き出したのかはわかりませんが、こんなに大量のバクテリア汁を投入したのは初めてなので、立ち上がりが早いのか楽しみです。

特に急いで立ち上げる水槽でも無いので、ゆっくりとしっかりと立ち上げを行いたいと思います。