シバツトガが芝生に大量発生|スミチオンの効果を検証

ここ1ヶ月ほど前から、芝生の所々が茶色くなっている
水不足、サッチ、虫害など色々な要素が考えられたので、消去法にて一つづつ削って行く事としました。

芝生の一部が茶色くなる現象

病害や水不足などの原因

水不足の可能性・・・ここ3週間程度まともな雨が降っていないため可能性は大きい。
サッチ・・・サッチングをしてみたが、取れる取れる!この可能性も大。
虫害・・・夕方頃、日当たりの比較的悪い塀の近くを歩くと、ヴワーっと何かが飛んでいる!?ネットで調べてみると“シバツトガ”のようだ。
芝生の一部が茶色い
う~ん。考えられる要素全てが該当してしまった^^;それならば、全てが原因と考え対処を行います!
サッチ取りと水やりを入念に行い、シバツトガ対策の為木酢液の散布(ネット上では効果無いという記事があったが、自分理論では濃いめに薄めれば効果も出ると考え、通常1000倍に薄めて使うものを500倍にて使用した)。
翌日の朝、特に変化は見られなかったが、シバツトガがいなくなってる!!
もしや、木酢液効果なのか!?芝生の回復は今の所見られないが、要素の一つであるシバツトガがいなくなっている為、プロセス的には第一関門突破と考えます。

しかし翌日の夕方、シバツトガが再発。やっぱり、木作酢は効かなかったみたいです。あまり、薬品に頼る事はしたくありませんでしたが、ここは、今後の事を考え「スミチオン」という農薬を散布して様子を見る事にしました。

2~3日もすればきっと効果が出てくれるはずです。