芝生の雑草対策

芝生管理の中で、重労働かつ時間がかかる作業のNo1は雑草対策と言っても過言ではない。

芝生の成長速度よりも早い為、「綺麗に芝刈りが出来た~!」と思い3日後に庭に目を向けると、芝の背丈より数センチ長い雑草が目に入ってきます。「また今週も草むしりだ・・・」

特に夏場の雑草魂は凄まじい。抜いても抜いても次から生えてきます。

こまめに抜く事が、繁殖を衰えさせるポイント

雑草の生命力は、芝より優れている為、芝刈り程度では死滅しません。

「芝刈りをすれば、目立たなくなるし、まぁいっか。」と横着をしていると、後々の始末が大変になるだけです。雑草にも色々と種類があり、1年で枯れてしまうものから、多年草と言って、毎年春になると目を出す種類などです。その為、放置しておくとその分雑草が増加してしまいます。

雑草は見つけた時に、根っこから抜く

地道なこの作業が、実は一番効果的なんです。

そもそも、雑草は近くの公園や空き地から種が飛んできて発芽してしまう為、防ぐ術がありません。

また、雑草の生命力は非常に強い為、地上に見える“葉”を抜いただけではすぐに再生してしまいます。

見つけたら、根っこから抜くようにしてください。

広い庭の場合は、除草剤を使用して、管理をされる事をおすすめします。

芝生の密度を上げて、繁殖させない

芝生の密度が高いと、雑草は生えにくくなります。(芝生の密度を高める為にはエアレーション頻繁な芝刈りが必要です。)

芝生を植えた直後などは、密度が低さと、植物の生育期とが重なるため、多くの雑草が出てきます。

頻繁に芝刈りを行ってあげる事で、芝は横に根を伸ばそうとする為密度を高める事が出来ます。

密度が高いと、雑草の種子が土に着地しないからなのか、発芽するペースが遅くなります。こまめな草抜きと頻繁な芝刈りによって、かなり、楽に管理する事が可能です。

雑草の種類と対策

オヒシバ

オヒシバ
単子葉植物 – イネ科 – 一年生

道ばたでもよく見かける事が出来る種類。背丈は15cm程度と低めあまり高くはならない。踏みつけられても強い生命力で生育する。

成長すると、穂をつけて種子を落とす為、早期段階での処理が必要です。

メヒシバ

メヒシバ
単子葉植物 – イネ科 – 一年生

オヒシバ同様によく見かける雑草の一種で、背丈は8cmから20cm程度まで成長する。オヒシバ以上に繁殖速度が速いので、見つけたらすぐに除草してください。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です